実践者 Q&A

実践できるようになるため、普段から気を付けることって ありますか?
人と話すときに常に「なんでなんだろう」考えること。自分と 大きく違う考えを持つ人と向き合った時こそ、色々な背景 を理解するチャンスになります。
課題を抱える当事者にはどんな向き合い方が良いですか?
例えるなら「地図を持っていない伴走者」。地図を持って いるのは走っている本人。迷走しているように見えても見 放さず信じ続け、見落としそうな情報を伝える役割だと 思っています。
社交的ではない人でも務まりますか?
内向的な人でも大丈夫。自身の短所を隠さずにいれば、 相手に助けてもらったり、教えてもらったり、いい関わりが 始まります。どんな相手にも、そして自分自身にも力があ ると信じることです。
コミュニティワークの楽しさって何ですか?
想像の範囲を超えた事に出会えることですね。私の力だ けではそんなこと起きないなってことにいっぱい出会う 度、他者を信頼する力が増えていきます。

お知らせ

お問い合わせ

  • 実践してみたい
  • 学んでみたい
  • 仲間が欲しい
  • 壁にぶつかった
  • 講座を受けてみたい
  • 地域活動に活用してみたい
  • 市民活動、自分の活動にとり入れてみたい

など実践を深めたい方はこちらまで!

チャレンジいばらき県民運動

企画・運営 NPO 法人セカンドリーグ茨城

TEL : 029-297-7040

Mail : info@2nd-league-i.com

お気軽にご連絡ください。

派遣依頼やお問い合わせは下記のフォームからも
送信いただけます。

お問い合わせフォーム